cadburyのtwirlを食べてみた

元々好きなチョコバーなので別に「食べてみた」ではないんだけど、日本ではなかなか見掛けないので紹介。

キャドバリーのtwirl。
モントキアラの近くのpublikaモール内のB.I.G.スーパーで購入した。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175259j:plain
twirlってtwist+rollの造語かなと思ったらそうではなく、「〜をくるくる回す、ひねくり回す」という意味。
"swirls and curls"は「渦巻き曲がりくねった」、
"12treats"のtreatは、「喜び、ご褒美」の意味から「おやつ、お菓子」を指す。つまり12本入り。
"Be treatwise"は、キャドバリー2006年に始めたキャンペーンというかラベリングで、お菓子の大手メーカーとして皆様の健康に気を配ってますよーってマークっぽい。具体的には、裏面のこの成分表示。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175433j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180917175449j:plain
DI%というのが「Daily Intakes=一日あたりの摂取量のうちの%」のことで、成人が一日に必要とする(または適した)栄養摂取量に対して、商品中の成分のパーセンテージが表示されている。
https://betreatwise.net/about-us/
https://www.cadbury.com.au/Products/Be-treatwise.aspx

f:id:shitemita-in-MY:20180917175506j:plain
あぁ、めっちゃ美味しい…。
こういう全粉乳ドバドバな子供向けのミルキーな甘さが好き。
tim tamにも似た淡い茶色。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175517j:plain
個包装の上部に書いてある"Intense Milk Chocolate Hit"ってなんて訳せばいいのかなぁ、intenseは「激しい、ハードな、熱心な、真剣な、カッコいい」等の意味。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175528j:plain
このヒダが、サクサクなのに口溶けが良くて美味しい。エアインチョコに似て非なる独特の食感。上手く食べないと破片がボロボロこぼれる系。

これの中身がホワイトチョコレートになったのが『snow flake(flake snow)』で、人生で一番ハマったチョコレートなんだけど、もう10年以上食べてない。冬期限定で日本で売ってたんです。どこが輸入してたのかなぁ。
ニュージーランドかオーストラリアではまだ売ってるのだろうか…、とりあえずマレーシアいる間はこのtwirlをリピし続ける予定。

【メーカー】Cadbury(イギリス)
【価格】RM18.80
【成分】全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳固形分、乳化剤(大豆レシチン)、香料
【カロリー】75kcal/一本14g