JACK’N JILLのNIPSチョコレートを食べてみた

JACK’N JILLはマレーシアのお菓子メーカー。
このNIPSシリーズはマレーシアのコンビニでよく見かける。
f:id:shitemita-in-MY:20180915164900j:plain
nipは「~をかむ、かみつく、つかむ、凍えさせる、抑える、少しずつ、ちびちびとやる、一口、少量」等の意味。
ラインナップは今のところミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ピーナッツ、ピーナッツ&レーズン、クッキー&クリームを確認している。ホワイトチョコレートを食べたい気分だったが、立ち寄ったコンビニにホワイトが置いて無かったのでクッキー&クリームを試してみた。
f:id:shitemita-in-MY:20180915164935j:plain
んーーーー、これは、なんていうか、美味しくはない。不味いってほどでもないけど、口溶けが悪い。端的に、チョコレートという感じがしない。クッキー&クリームではなくミルクかホワイトチョコの方だったらまだ違ったかも?

f:id:shitemita-in-MY:20180915164946j:plain
一袋RM3(80円くらい)だったからまぁ、駄菓子の範疇と思えば許せる。
もしかしたら、このメーカーはポテトチップスとかのスナック系の方が美味しいかもしれない。

【メーカー】JACK’N JILL(マレーシア)
【価格】RM3
【成分】コンパウンドホワイトチョコレート(カカオバターの代わりに植物油などを用いてチョコレートのように仕上げた菓子)(砂糖、植物油脂:水素添加パーム油、ミルクパウダー、ラクトース、乳脂肪、バニリン)、砂糖、細砕クッキー(小麦粉、砂糖、水素添加油:パーム・魚油、ココアパウダー、カカオマス、グルコース、ミルクパウダー、塩、コーンスターチ、抗酸化剤:BHA、BHT、没食子酸プロピル)、許可された食品調整剤?(乳化剤:大豆レシチン・ポリグリセリンポリリシノール酸、増粘剤:アラビアガム、光沢:カルナウバワックス)、着色料:タートラジン、サンセットイエロー、アルラレッド、ブリリアントブルー、酸化チタン)
…ビーントゥバーのチョコレートと比べると、色々入ってて笑ってしまう。
【カロリー】313kcal/一袋62g