whittaker'sの板チョコを食べてみた

今日のチョコは、whittaker'sのNew Zealand Artisan Collectionから、Nelson Pear and Manuka Honey ミルクチョコレート。
whittakerはやはり創業者の名前で、これカタカナだと色んな読みになっちゃうんだよね。ウイッタカー、ウィタカー、ウィテッカー、ホイッタカー、ホイッテーカー、ホイタッカーetcと。女優のAmanda Seyfriedの"seyfried"並みの表記の揺れ。どうでもいいが

f:id:shitemita-in-MY:20180910223237j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180910223328j:plain
実に上品な香り、そして美味しい。
クアラルンプールのJaya One近くのスーパーで購入。

f:id:shitemita-in-MY:20180910223407j:plain
ニュージーランドのことはあまり知らないんだけど、パッケージが伝統の織物というかヴィンテージテキスタイル風で素敵。くすみゴールドが使われているのも高級感があっておしゃれ。
Nelsonはニュージーランドの地名。梨と蜂蜜、合う~。

f:id:shitemita-in-MY:20180910223434j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180910223550j:plain
フィリングではなくて、ドライペアーの小さい果肉が入っている。ハニーはあんまりわからないんだけど、チョコレートが口腔内から消えた後にふっと香る感じ。
これたぶん紅茶やお酒と一緒に食べると最高のやつ。

パッケージの表面に書いてある"5 roll refined"はおそらくチョコレートの製造工程の「磨砕」の段階で、5つのロールを使ってるからより口溶け滑らか、ということだと思う。
アルチザンコレクションは何種類も出てるようなので、見つけられたら試したい。

【メーカー】J.H.WHITTAKER&SONS LTD(ニュージーランド)、
輸入販売元はLUCAS FOODS asia PTE LTD(シンガポール)、
トラベルリテール=機内販売や空港免税店での販売はARDENTAGE SDN BHD(マレーシア)、
マレーシア国内販売はDKSH MALAYSIA SDN BHD(マレーシア)
【価格】RM
【成分】ミルクチョコレート(砂糖、カカオ33%:カカオマス・ココアバター、粉乳30%、乳化剤:大豆レシチン、バニラ香料、天然梨香料)、梨&蜂蜜ピース10%(うち梨ピューレ33%、濃縮林檎ピューレ、転化糖、砂糖、湿潤剤:グリセロール、マヌカハニー2.5%、小麦繊維、ゲル化剤:ペクチン、天然蜂蜜香料、ph調整剤:クエン酸)
【カロリー】542kcal/一枚100g