キャドバリーの5StaRチョコレートバーを食べてみた

このブログはマレーシアとお菓子についてのログ(+英語の勉強)のために始めたので、マレーシア関係ないお菓子も全然ぶっ込みます。
本日のチョコレートは安定のCadbury(キャドバリー)。キャドバリーはイギリスの会社で、Mondelēz International, Inc.(モンデリーズ)の傘下にある。
下の画像は世界の10大飲料&食品メーカーの図。関係ないけどこの図めっちゃ好き。殆どのロゴが味覚や嗅覚を刺激して満たされる感覚ある。資本主義万歳。
f:id:shitemita-in-MY:20180905233517p:plain
Source:Oxfam
つまりここにあるメーカーの食品は世界中で手に入るんだけど、でも少しずつ地域によって素材や味が変わってる製品が多いらしい(Source:nothing)。

マレーシアのコンビニで見かけた「5StaR」。
f:id:shitemita-in-MY:20180905233636j:plain
デザインのためか、Rが大文字。日本にも売ってるかもしれないけど見掛けたことないので買ってみた。
f:id:shitemita-in-MY:20180905233852j:plain
パッケージには"A taste and texture like never before from cadbury"との煽りが書かれている。今までにない新しい味とテクスチャー……この場合は歯応え、だろうか。
f:id:shitemita-in-MY:20180905233724j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180905233743j:plain
うん、確かに新しいかもしれない。キャラメルの層が薄いので、一瞬キャラメルを感じるけど概ねシンプルなチョコレートバー。クランチビスケットも入ってるけどあんまり主張しない。このさり気なさが新しいのかな?
でもまぁ安定のキャドバリーチョコの味。
大手メーカーのいいところって、色々工夫しても結局は同じ風味なとこだと思う。ネスレのチョコはネスレの味だし、キンダーはキンダーの、マースはマースの、キャドバリーはキャドバリーの味。だから新商品を買っても失敗しないというか、安心するというか。
私はキャドバリーの味が好きなので、この5staRも美味しいと思った。
f:id:shitemita-in-MY:20180905233824j:plain
モンデリーズインディアフーズ=インドのムンバイで製造された商品が、フィリピン・マレーシア・ブルネイの輸入業者を通じて各国で輸入販売されている。フィリピンはモンデリーズで、マレーシアはキャドバリーで、ブルネイはsyarikat perniagaan malar setiaという輸入業者。

【メーカー】Cadbury(イギリス)
【価格】
【成分】砂糖、植物油脂、グルコースシロップ、粉乳(スキムミルクパウダー、ホエイパウダー、ホエイ浸透パウダー)、ココアバター、ビスケット(小麦粉、砂糖、コーンスターチ、塩、植物油脂、ベイキングパウダー)ココアパウダー、保湿剤(グリセロール=グリセリン)、乳脂肪、乳化剤(大豆レシチン,アンモニウムリン脂質、モノステアリン酸グリセロール、ポリリシノール酸ポリグリセロール)、塩、天然及び合成バニラ香料、ph調整剤(炭酸水素ナトリウム、塩酸)天然及び天然由来の合成バター香料、天然由来の合成チョコレート香料、天然由来の合成及び天然由来でない合成キャラメル香料

ちょっと!混乱してきた!!flavourが曲者。この成分表には三種類のflavourがあって、
natural flavour=天然香料、精油やエキス
nature identical flavour=その化合物が天然に見出されている合成香料
artificial flavour=その化合物が天然に見出されていない合成香料
ということらしい。
だからnatural and nature identical〜とあったら、天然香料と天然由来の合成香料をブレンドしてるという解釈でいいのかな。
【カロリー】228kcal/一本