Beryl'sのグラノーラバーを食べてみた

マレーシアのチョコレートメーカー、Beryl's(ベリーズ)。
ここのチョコレートはいくつか食べてて、美味しいっちゃ美味しいんだけど、味も値段も日本のコンビニチョコのクラス、あるいは、アメ横の二木の菓子で買える輸入チョコの感じ。品質どうこうというよりも、この気温(クアラルンプールの最高気温は一年中33度前後)では、サロン・デュ・ショコラに出展してるような有名ブランドのチョコは溶けてしまうだろう。マレーシアで高級チョコと言えるのは、かろうじてゴディバと、三越伊勢丹のnayutaがあるくらい。
コンビニやスーパーに置いてあるチョコは輸入品や海外製造が多い中で、国産メーカーとして頑張ってるのがBeryl'sだ。ベリーズのチョコは溶けにくく、いくつか買ってみた感じではファットブルームもしにくいようなので、お土産にはぴったり。

そんな中でもお勧めはこれ、グラノーラバー。
プレーンとチョコレートとホワイトチョコレートがあって、今回はホワイトにした。
f:id:shitemita-in-MY:20180903003958j:plain
日本のグラノーラバーはザクザク系が主流だけど、海外のグラノーラバーはネチネチ系、ヌチヌチ系が多い印象。蜜や糖で固めてて粘土が高いんだろうね。オーガニック重視だとそうなるのかもしれん。知らんけど。(ヌチヌチ系はマシュマロ系の擬音のつもり)
ベリーズのこれは粘度が低くて、ソフトだけど歯につかない。もっとザクザクが好きな人もいるだろうけど、自分としてはちょうどいい食感。チョコレートコーティングの厚みもちょうどいい。
f:id:shitemita-in-MY:20180903004358j:plain
ちゃんとチョコレートを食べた気になるけど罪悪感薄めなのが良い。

【メーカー】Beryl's(マレーシア)
【価格】
【成分】クランチオーツ[オーツ麦,アーモンド,蜂蜜,バター,シナモンパウダー]ライスシリアル,レーズン,カシューナッツ,グルコースシロップ,パンプキンシード,ライスパフ,ココナッツ,デキストロース,砂糖,全粉乳,ココアバター,脱脂粉乳,植物油脂,ヒマワリオイル,ヘーゼルナッツペースト,乳化剤(大豆レシチン),香料
【カロリー】192kcal/一本