McVitie'sの新作THINSを食べてみた

McVitie'sはイギリスのUnited Biscuits社の一ブランド。
片面にミルクチョコレートがコーティングされたマクビティ ダイジェスティブビスケットは日本のどこにでも売っているが、薄いタイプを見つけたので買ってみた。オレオが薄いの出したから、それを参考にしたのかな。

f:id:shitemita-in-MY:20180921235333j:plain
クアラルンプール、KLCCのVillage Grocerで購入。
パッケージに"covered in milk chocolate"とあるけど、「〜に覆われた」ってinではなくwithじゃなかったっけ?と思って検索したらinでもwithでも正しくて、ほぼ同じ意味とのこと。
withは殆どの場合に使えて、inは特に「穴や窪みを覆う/塞ぐ」「覆われているが、対象物が全て隠れているわけではない」場合に使うことが多いらしい。アメリカではあまり見かけない用法という書き込みもあったので、もしかしたらcovered inはイギリス英語圏でよく使われるのかも。
f:id:shitemita-in-MY:20180921235402j:plain
"delicate(デリケート)"は日本語だとネガティブな文脈で使われることが多いけど、英語だと「優美な、上品な」等ポジティブな意味合いが先に来る。脆さ、繊細さのある美しさのことで、それを食品に当てはめると繊細な美味しさということになる。
"smother"は窒息させるという意味から転じて「厚く覆う、包む、もみ消す、抑える」という意味。covered inに加えて、チョコレートがちゃんと(ある程度の厚みで)コーティングされてるよーって意味を込めるとsmothered inになるんだろうな。

f:id:shitemita-in-MY:20180921235500j:plain
予想通り溶けてくっついていたが、一枚一枚剥がして食べることができる。厚みは3mmくらいかな?
元々ノーマルのマクビティが好きなので、これ絶対美味いじゃん、と思ったけど、、
ノーマルの厚さの方が好みかも。ノーマルは一口目からビスケット自体の甘みや旨みを感じるのに対し、THINは繊維質の風味が先に来てしまって、一瞬「ん?」ってなる。オールブランにチョコレートコーティングした感じというか。
これはこれで悪くないけど、マクビティは薄くしない方が美味しいと思った。

裏面。
f:id:shitemita-in-MY:20180921235629j:plain
"Careline"「お客様相談室、消費者センター」
"enclosing"「同封、封入」
"statutory"「法定の、法令の、制定法に従う」

ここまでいくつかのお菓子の成分表示を見てきて、同じ単語でも結構違う表記の仕方をしてることに気づいた。スキムミルクパウダーをドライスキムドミルクと表記するとか、E番号が無い、またはE番号のみとか。各国の法律とメーカー基準と方言(アメリカ英語/イギリス英語等)と、色んな理由で表記が決まるんだろうな。

【メーカー】United Biscuits(イギリス)
【価格】RM9.90
【成分】ミルクチョコレート[砂糖、ココアバター、カカオマス、スキムミルクパウダー、ホエイパウダー、バターオイル、植物油脂(パーム、シア)、乳化剤(大豆レシチン)、天然香料]、小麦粉、植物油脂、全粒粉、砂糖、加工デンプン、グルコースシロップ、膨張剤(炭酸水素ナトリウム、炭酸水素アンモニウム)、塩、スキムミルクパウダー、ph調整剤(リンゴ酸)
【カロリー】914kcal/一箱180g

MarsのMilkyWay Crispy Rollsを食べてみた

Marsはアメリカの超大手菓子メーカー。皆さんご存知のM&M'sやスニッカーズもMarsのブランドの一つである。そしてMarsの歴史はこのMilk Wayから始まっている。

普通のMilky Wayは日本のコンビニにもよく売ってるので食べたことがある人も多いだろうけど、今回食べたのは「MilkyWay CrispyRolls」。これ、なんでMilkyWayブランドから出したんだ…?ってくらいノーマルMilkyWayと違っていた。
f:id:shitemita-in-MY:20180920213456j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180920213748j:plain
ノーマルはソフトなココアヌガーがチョコレートに包まれているのに対し、CrispyRollsは滑らかなミルククリームが中心に入っていて、その周りをクリスプビスケット(日本だと薄いクレープ生地と呼ぶかな)が覆い、更にミルクチョコレートでコーティングされている。
f:id:shitemita-in-MY:20180920213514j:plain
ミルククリームが美味しい。この細さも食べやすくて良い(個包装に2本入り)。Kinderのチョコレートが好きな人だったら100%気に入る。というかこれKinder Buenoに寄せてると思う。
f:id:shitemita-in-MY:20180920213847j:plain
Amazonで売ってるかなって調べてみたら、ちゃんとalso viewedにキンダー出てきたw
日本のお菓子で例えるとすれば、ブルボンのエリーゼにちょっとだけ似てる。

日本で売ってるの見たことないから、これも買って帰る候補。
f:id:shitemita-in-MY:20180920214228j:plain


【メーカー】Mars(アメリカ)
【価格】RM16.90
【成分】砂糖、スキムミルクパウダー、パーム核油、小麦粉、ラクトース、ココアバター、カカオマス、ホエイパウダー、乳脂肪、植物油脂、乳化剤(大豆レシチン)、塩、天然由来バニラ香料
【カロリー】640kcal/一箱125g

Beryl'sのTHIN DELIGHTSチョコレートを食べてみた

Beryl'sの食レポ二つめはTHIN DELIGHTS シリーズ。
f:id:shitemita-in-MY:20180918231009j:plain
Thinは「薄い」、delightsは名詞だと「嬉しさ、歓喜、楽しみ」

フォロワー4人のBeryl's公式?twitterを見るかぎり、このシリーズは今夏の新作みたい。
https://mobile.twitter.com/berylschocolate
キャラメル、オレンジ、グリーンティー、ジャンドゥーヤの4種類があったのでジャンドゥーヤを選択。

f:id:shitemita-in-MY:20180918231213j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180918231224j:plain
溶けてんだよなぁ…。
チョコがきっちり入っていて前後がくっついちゃってる。こんな高温多湿のマレーシアで、薄いチョコレートを作ってやろうと思った心意気は評価したいが。
ビタースイートチョコレートにジャンドゥーヤフィリングが入っている。周りのチョコレートよりもジャンドゥーヤフィリングが美味しいかな。

f:id:shitemita-in-MY:20180918231846j:plain
というかやっぱり、その、Beryl'sのチョコレートってなんというか、やおきん〜フルタ〜チロルラインに居る気がする。いや、どこのチョコも好きなんだけど、全然自分で買って食べてるんだけど、「美味しい駄菓子」のカテゴリってあるじゃん?そこに属する。Beryl'sのチョコを6種類程試した上でそう思う。

【メーカー】Beryl's(マレーシア)
【価格】RM
【成分】砂糖、カカオマス、植物油脂、全粉乳、スキムミルクパウダー、ココアバター、ヘーゼルナッツペースト、ホエイパウダー、乳化剤(大豆レシチン)、香料、バニラ
【カロリー】390kcal/一箱70g

cadburyのtwirlを食べてみた

元々好きなチョコバーなので別に「食べてみた」ではないんだけど、日本ではなかなか見掛けないので紹介。

キャドバリーのtwirl。
モントキアラの近くのpublikaモール内のB.I.G.スーパーで購入した。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175259j:plain
twirlってtwist+rollの造語かなと思ったらそうではなく、「〜をくるくる回す、ひねくり回す」という意味。
"swirls and curls"は「渦巻き曲がりくねった」、
"12treats"のtreatは、「喜び、ご褒美」の意味から「おやつ、お菓子」を指す。つまり12本入り。
"Be treatwise"は、キャドバリー2006年に始めたキャンペーンというかラベリングで、お菓子の大手メーカーとして皆様の健康に気を配ってますよーってマークっぽい。具体的には、裏面のこの成分表示。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175433j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180917175449j:plain
DI%というのが「Daily Intakes=一日あたりの摂取量のうちの%」のことで、成人が一日に必要とする(または適した)栄養摂取量に対して、商品中の成分のパーセンテージが表示されている。
https://betreatwise.net/about-us/
https://www.cadbury.com.au/Products/Be-treatwise.aspx

f:id:shitemita-in-MY:20180917175506j:plain
あぁ、めっちゃ美味しい…。
こういう全粉乳ドバドバな子供向けのミルキーな甘さが好き。
tim tamにも似た淡い茶色。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175517j:plain
個包装の上部に書いてある"Intense Milk Chocolate Hit"ってなんて訳せばいいのかなぁ、intenseは「激しい、ハードな、熱心な、真剣な、カッコいい」等の意味。
f:id:shitemita-in-MY:20180917175528j:plain
このヒダが、サクサクなのに口溶けが良くて美味しい。エアインチョコに似て非なる独特の食感。上手く食べないと破片がボロボロこぼれる系。

これの中身がホワイトチョコレートになったのが『snow flake(flake snow)』で、人生で一番ハマったチョコレートなんだけど、もう10年以上食べてない。冬期限定で日本で売ってたんです。どこが輸入してたのかなぁ。
ニュージーランドかオーストラリアではまだ売ってるのだろうか…、とりあえずマレーシアいる間はこのtwirlをリピし続ける予定。

【メーカー】Cadbury(イギリス)
【価格】RM18.80
【成分】全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳固形分、乳化剤(大豆レシチン)、香料
【カロリー】75kcal/一本14g

JACK’N JILLのNIPSチョコレートを食べてみた

JACK’N JILLはマレーシアのお菓子メーカー。
このNIPSシリーズはマレーシアのコンビニでよく見かける。
f:id:shitemita-in-MY:20180915164900j:plain
nipは「~をかむ、かみつく、つかむ、凍えさせる、抑える、少しずつ、ちびちびとやる、一口、少量」等の意味。
ラインナップは今のところミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ピーナッツ、ピーナッツ&レーズン、クッキー&クリームを確認している。ホワイトチョコレートを食べたい気分だったが、立ち寄ったコンビニにホワイトが置いて無かったのでクッキー&クリームを試してみた。
f:id:shitemita-in-MY:20180915164935j:plain
んーーーー、これは、なんていうか、美味しくはない。不味いってほどでもないけど、口溶けが悪い。端的に、チョコレートという感じがしない。クッキー&クリームではなくミルクかホワイトチョコの方だったらまだ違ったかも?

f:id:shitemita-in-MY:20180915164946j:plain
一袋RM3(80円くらい)だったからまぁ、駄菓子の範疇と思えば許せる。
もしかしたら、このメーカーはポテトチップスとかのスナック系の方が美味しいかもしれない。

【メーカー】JACK’N JILL(マレーシア)
【価格】RM3
【成分】コンパウンドホワイトチョコレート(カカオバターの代わりに植物油などを用いてチョコレートのように仕上げた菓子)(砂糖、植物油脂:水素添加パーム油、ミルクパウダー、ラクトース、乳脂肪、バニリン)、砂糖、細砕クッキー(小麦粉、砂糖、水素添加油:パーム・魚油、ココアパウダー、カカオマス、グルコース、ミルクパウダー、塩、コーンスターチ、抗酸化剤:BHA、BHT、没食子酸プロピル)、許可された食品調整剤?(乳化剤:大豆レシチン・ポリグリセリンポリリシノール酸、増粘剤:アラビアガム、光沢:カルナウバワックス)、着色料:タートラジン、サンセットイエロー、アルラレッド、ブリリアントブルー、酸化チタン)
…ビーントゥバーのチョコレートと比べると、色々入ってて笑ってしまう。
【カロリー】313kcal/一袋62g

画材屋Stickerrificに行ってみた

先日、Brian Taiさんというマレーシアの画家がスケッチのワークショップを行ったという情報がfacebookで流れてきた。
行きたかったなーと思いながらワークショップの場所をチェックしたら、何やら素敵な画材屋さんだったので行ってみた。

セランゴールのJayaOneという複合施設の中にある「Stickerrific」。読みは…スティッカリフィックでいいのかな?Asia jaya駅からgrabを使って車で10分程度。
f:id:shitemita-in-MY:20180915153610j:plain
ここ、めちゃめちゃ良かった。
置いてある品物のメインは画材、紙モノ、マスキングテープ。
お店を入ってすぐにマスキングテープ棚があり、日本のmt等がメインで、一部中国語のものと思われるマステもあった。
奥に進むと、沢山のアート作品が飾ってあるワークスペース、シールやステッカー、洒落たふせん、ジャーナル用ノートやスケッチブック、マレーシアフードやマレーシアカルチャーが描かれた雑貨、種類豊富なペン、万年筆、インク、スタンプにシーリングワックスetc…
マレーシアで文具を探すとなると、大体は本屋の一部の文具コーナーに行くか、100均みたいな価格重視の雑貨屋さんをあたることになるんだけど、このStickerrificは一線を画していた。
日本から輸入されてる物が多くて、当然日本で買うよりも割高になる。それでもかなりこだわってセレクトされた物が置いてあるので、長期滞在されてる方にはおすすめ。
消ゴムやシャー芯はやっぱり日本製ですわ。

店頭の看板。
f:id:shitemita-in-MY:20180915153652j:plain
れこwお店の中には猫がいます。
頻繁に水彩やカリグラフィーのワークショップをやってるみたい。
ここは文房具屋や雑貨屋というより「画材屋」と呼ぶのがしっくりくる。アートが好きな人、何かを書く/描くのが好きな人向け。

このお店が入ってる複合施設jayaOneも面白くて、何やら入り組んだ構造になっていた。
f:id:shitemita-in-MY:20180915153729j:plain
f:id:shitemita-in-MY:20180915153802j:plain
今は工事中なのでうるさいしお店の場所も分かりにくいが、色々なテナントが入っているようでワクワクした。
また暇な日に探索に行く予定。

台湾発のパン屋さんHogan Bakery に行ってみた

クアラルンプール、ブキビンタンのパビリオンにあるパン屋さんに行ってみた。

パビリオンの6階(東京ストリートと同じフロア)にある、Hogan Bakery 。店内広告に漢字が使われていたので中華系かなと思ったら台湾発とのこと。
そこにちょっと珍しいパンがあったので試してみた。
f:id:shitemita-in-MY:20180914210842j:plain
その名も「ローゼルチョコレートそぼろ」。この中に入っている、「ローゼル クリームチーズ フィリング」が美味しかった。

ローゼル(Roselle/洛神花 )は芙蓉属の植物で、がくの部分が食用に利用される。日本ではまだあまり見かけないが、実はハイビスカスティーの原料である。ハイビスカスティーに我々が通常想像するあのハイビスカスは入っていないが、ローゼルの学名がHibiscus sabdariffaなので名前に偽りは無い。
ローゼルはインド~マレーシア地域が原産(という説がある)らしい。そしてマレーシアの国花はハイビスカス!
パンなのでお土産には厳しいけど、旅行者にはおすすめ。一応ご当地グルメに含めてもいいのでは?

f:id:shitemita-in-MY:20180914210855j:plain
ローゼルクリームチーズフィリングはローゼルの酸味は殆ど無くて、ほんのり甘く、チョコレートパンとマッチしていた。
チョコそぼろはちょうど良い柔らかさで、パン自体も美味しかった。
また買いに行くと思う。

【お店】 Hogan Bakery (パビリオン/ブキビンタン)
【価格】RM4.25